1年間応援ありがとうございました

こんにちは!

臼杵 裕佳子(うすき ゆかこ)です!

11月4日に2019年東京きものの女王コンテストが開催され、新女王が誕生しました。それに伴い、私たちは同日をもって、2018年東京きものの女王の任期を終了いたしました!

成人式のために両親が買ってくれた、お気に入りの振袖を着て、現女王として、2019年東京きものの女王コンテストに参加させていただきました。

来年のコンテストは、絶対にこの振袖を着て参加しようと、きものの女王に選ばれたときから決めておりました。

私がきものの女王に選ばれるなんて、少しも思っていなかったので、審査結果の発表のときに、1番最初に私の名前が呼ばれ、一瞬何が起きたのかよくわからなかったのを、よく覚えています(笑)

1年前の私に、来年は現女王としてコンテストに参加するんだよ、と言っても絶対に信じてもらえないだろうなあ、なんてことを考えながら、今年の審査を見守っておりました。

この1年を振り返ると、本当にさまざまなイベントに参加させていただき、こんなにもたくさんの方々と関わった年は、今までに1度もありませんでした。

振袖を着ているときの仕草や振る舞い方だけでなく、名刺の渡し方や言葉遣いなど、これから社会に出て生きていく上で大切なことを、このお仕事を通じて、たくさん学ぶことができました。

きものの女王の活動を通して学んだことを糧に、これからも自分の夢に向かって精進して参りたいと思います。

1年に何度も振袖を着ることは、この先もうないんだろうな、と思うと寂しくてたまりませんが、私の着物愛は永久不滅です❤️(笑)

最後になりますが、きものの女王に選んでいただけたこと、本当に感謝でいっぱいです。任期は終了しましたが、これからもきものの女王として、着物の振興、日本文化の振興を精一杯お手伝いしていきたいと思っております。

1年間応援してくださった皆さま、ありがとうございました。

そして、これからも東京きものの女王をよろしくお願いいたします。

2018東京きものの女王 臼杵 裕佳子





こんにちは。

2018 東京きものの女王の柴原梨乃です。

一年間のきものの女王の活動を通して、普通の学生である私には想像もつかなかったような貴重な経験を沢山させていただきました。

東京マラソン、園遊会、京都着物撮影、レセプションパーティーのお手伝い、表彰式のお手伝い…等

写真や手帳を見ながら振り返っていると、この一年間で20回も着物・浴衣を着る機会を頂いていたようです!

成人の年だったということもありますが、一年前の私からは全く想像できなかった回数なので、びっくりしました。

キモノを着れば着るほど、その奥深い魅力に惹かれ、少しずつ着方のアレンジを加えたくなり、毎回着ることが楽しみで仕方なかったです。

着物からもパワーをもらって活動していました。

そして、どの派遣先でも、キモノを着る私たちのことを和やかなに包み込んでくださった皆様の笑顔の輪がありました。

この場をお借り致しまして、事務局の皆様、派遣先の皆様、先輩女王の皆様、一年間の活動を通して出会うことのできた皆様に感謝申し上げます。

この一年間のありがたい経験を生かして、これからも日本文化の良さを感じてもらったり、興味を持つきっかけになりたいと思っています。

2019 東京きものの女王の皆さんの応援をよろしくお願い致します!

柴原 梨乃