京都カレンダー撮影

こんにちは!

臼杵 裕佳子(うすき ゆかこ)です!

先日、カレンダー撮影のため京都に行って参りました!

午後から雨の心配があり、予定を変更しての撮影でした。

途中、立っているのが大変なほど強い風が吹き、雨もパラパラと降ってきましたが、

なんとか無事に撮影を終えることができました。

今回のような撮影は初めての経験でした。

何分もの間同じポーズで立っていなければいけなかったり、毬や鞄などの小道具の見え方や持ち方、手の形をどのようにしたら自然に見えるか、顔の角度や表情をどのようにしたらイメージに当てはまるか。

頭の先から足の先まで神経を尖らせて、カメラマンさんのアドバイスも頭にいれつつ、自分自身でもどのようにしたらいいかを考えながら……。

以前習っていたバレエとよく似ているなと、全身の筋肉をプルプルさせながら思っていました(笑)

動くのか、動かないのか、という大きな違いはありますが、常に頭を使って全身の神経を尖らせなければならないところは同じだなと思いました。

カレンダー撮影という、貴重な経験をさせていただけて、とても幸せでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。





みなさま

こんにちは 柴原 梨乃です。

カレンダー撮影のために、京都へ行ってきました!

八重桜はまだ綺麗に咲いていました^^

四季折々にあった着物を着付けてもらい、京都の名所へ、スタッフの方々とともにロケバスで向かい、撮影をしてきました!

碁盤の目のような京都の街並み、とても素敵でした。

糸を繋いで、形にし、染める...

多くの人が携わってやっと一つの着物として完成しているのだということを改めて感じました。

また、着物の作り手の方々だけでなく、着物をどのように着るか、どう魅せるかを考えて下さるスタッフの方々の熱心な眼差しにも心を打たれ、さらに私は着物が好きになりました!

感謝の気持ちを胸に、今後も着物の文化を発信して参りたいと思います。


最後までお読み下さり

ありがとうございました!