巻王東京大会!!

こんにちは!
臼杵 裕佳子(うすき ゆかこ)です。 

先日、「反物巻選手権 巻王(まきおう)」が開催され、スターターとしてお手伝いさせていただきました。

反物巻選手権は、幅38cm、長さ約13m の反物をどれだけ速く、美しく巻けるかを競うもので、もともと京都で開催されていたイベントのようなのですが、今回初めて東京で開催されました。

参加者の皆さまにより白熱した戦いが繰り広げられ、応援にも熱が入り、場内は大変熱く盛り上がっておりました!

13m の長さを40 秒かからず、また、38cm の幅を、誤差を2cm 以内で巻く。

普段から着物に携わるお仕事をなさっている皆さまだからこそなせる職人技だな、と思わず見とれてしまいました。

和装業界を盛り上げようと企画されたこのイベント。和装には「おしとやか」というイメージがありますが、それを覆すように、「競う」という形にすることで、若い世代の興味を引くものになり、しかし和装の美しさは保っている、そんなイベントでした。

反物巻選手権以外にも、
最近は和装業界を盛り上げるため、
様々なイベントが開催されています。

東京きものの女王として、
一生懸命そのためのお手伝いをさせていただきたいなと、改めて強く思いました。

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!